spice01.jpg

Spice

 

フォレストガーデンという考え方。

 

最近では、コーヒーの栽培方法などで聞かれるようになった森林農法(アグロフォレスト リー)と呼ばれる作物の栽培方法で、森に育っている木々や草花と作物をバランスよく植 えることで、森に近い環境を作りながら、作物も栽培する方法です。

スリランカでは、”フォレストガーデン”と呼ばれ、スパイス、果物、薬用植物、材木用など の多様な木を家の周りに混植し、もともとある生態系を保ちながら作物を育てている地域 があります。それらの地域では、水田に隣接する森林の中に家があり、人間の手足と水牛、そして木や 鉄から作られた道具だけで稲を育て、森を整え、その恵みを得ています。

この農法は、生物多様性を維持して、将来の世代に豊かな自然を残すことができます。 1992年から開始した「フォレスト・ガーデン・プロジェクト」 それは自然と人間の「共存共栄」の方法とも言えるのではないでしょうか。

 

そんな昔からの環境を維持しながら農業を生業としている土地のスパイスたち。

そこにはおおきな木や、フルーツ、カカオに混じってスパイスの木々が育ち、その周りで は水牛が田んぼを耕していて、透き通った綺麗な水が井戸の底からわきだしてる。

そんな土地を、政府からも認められて守りながら暮らしている人たちが手作業で育てたフ レッシュで、エネルギーと思いの詰まったスパイスです。

spice7.jpg
spice8.jpg
spice9.jpg